歯医者の年収はいくら位?

東京、神奈川で歯医者を目指すなら気になる一つとして年収面ですよね。

ある民間給与調査によると歯医者の年俸は1400万円になるそうです。

今歯医者で一番多数存在する年代というのが40歳代で、ちなみに調査結果による平均の歳は43歳半になります。

以上のような事から考えて歯医者の年俸を予測すると、ボーナスも入れて大凡1300万から1400万位です。

現実には神奈川や東京などの都心部だけでなく地方もあるので、その土地毎で違いが生じます。

そういう事から全部がその予測金額になるとは言い切れないですが、目安の一つとして考えられますね。

歯医者が開業したら年俸がアップするイメージがありますが、本当の所はどうなのか!?

2005年度の厚生労働省の調査では、開業の歯医者の平均的な月額収入は一月120万程。

でも月の収入が50万のケースもあれば300万というケースもあり様々なのが現実なので、それらの平均を考えると大凡年俸は700万になります。

神奈川や東京ではなく地方だとまた差があるので、開業歯科医の年俸枠は、300万から2300万円と言えるでしょう。

神奈川や都心の歯科医院でも一般歯科だけでなく、矯正、小児、歯科口腔外科も診療項目になっているところが多いですね。

歯科医師にはこの様に多種あります。

矯正歯科のは歯医者の年俸は約700万位で、小児歯科の歯医者の年俸は680万位。

歯科口腔外科の歯医者は一日当たりの給料が3万から5万故に、月に100万位。

年俸は1200万となるのです。

総合的に見ても求人募集の情報によると、場所の違いはあるものの一月の収入は40万よりは多くあるようですよ。